総量規制の影響について

最近キャッシングや消費者金融のカードローンを申し込む際にやたらと耳にするのが総量規制と言う言葉です。最近出てきた言葉なので馴染みの薄い人も多いかも知れませんが、一言で分かりやすく言うと、貸して側にも限度額があるように、借りて側にも限度額を設けよう、と言う事で作られた規制です。

 

2006年の法改正で新たに盛り込まれた項目なのですが、これは借りて側の多重債務を抑止する為に政府が定めた、借りて側の限度額で、一般的にその上限は年収の3分の1と言われています。

 

総量規制に於ける借り手や貸し手の影響として、まず借りて側ですが、融資額に上限が設けられる事で、信用情報の有無に関わらずにその上限が定められたものの実際には消費者金融以外からは信用情報によっては融資が可能な為、多少債務を抑止する抜本的なものにはなっていないのが現状です。

 

貸して側にとってですが、借りて側の限度額に上限が定められた事によって今まで通りに融資ができなくなった事は経営面で打撃を受ける反面、また多重債務者になって貸し倒れになってしまうリスクが回避出来る事がメリットがあります。

 

貸して側が懸念している事として借りて側の人が法外な利息を請求するヤミ金に走ってしまうのではないかと言う事もあります。