カードローンの簡単な特徴

一般的にカードローンの融資額は100万円以内がほとんどですが、大きくなると1000万近くの融資となることもあります。キャッシングに比べると金額が大きくなる傾向もあるので、銀行がサービスを扱っていることが多いのも特徴です。

 

そのためカードローンはキャッシングに比べると審査が厳しくなる傾向があります。ただ、銀行であれば、金利も低く、総量規制にも掛からないので、利用者にとってのメリットはキャッシングに比べて大きくなります。銀行でのカードローンの場合、一般的にはローン専用口座と普通預金口座が用意されることになり、毎月の返済には普通預金口座が使われます。

 

ですから、返済の基本は銀行引き落としになるので、返済日を忘れてしまうこともありませんし、手数料なども必要ありません。返済方式はローン残高によってスライドする定額リボルビング払いとなっていることがほとんどです。

 

この返済方法は長期返済をする場合に無理なく返していくことができますが、完済までの期間が長くなっては利息が負担になるので、なるべく手数料無料の店舗系ATMなどを利用していくことが必要です。生活に余裕がある範囲で追加返済していけば、完済までの利息負担を減らすことができます。