みずほ銀行カードローンの申し込み

信頼のできるメガバンクからの借り入れとなるみずほ銀行カードローンは、申し込みを行う前にいくつかの基本的な情報を見ておきましょう。消費者金融と比べて低い金利となるみずほ銀行カードローンを使いこなすためにも、基本情報をしっかりと確認をしてください。

 

みずほ銀行カードローンの利用条件

【年齢】満20歳以上、満66歳未満
【対象】本人か配偶者に安定した継続する収入がある方
【書類】運転免許証や健康保険証などの本人確認書類と、希望額が200万円を超える場合は所得証明書類

 

上記の利用条件を満たす方であれば、みずほ銀行カードローンの申し込みが可能です。本人には収入がなくても、配偶者に安定した収入がある主婦の方でも、年齢条件を満たせばみずほ銀行カードローンの申し込みはできますが、限度額は30万円までの制限がされます。

 

また、利用条件を満たすからと言って、必ずしも審査に通るわけではありません。以下に該当するような状況ではみずほ銀行カードローンの利用は難しいので、申し込みは控えた方が良いでしょう。

 

利用ができない可能性が高い方

【収入状況】安定している、継続するとは言えない所得
【利用状況】他社での借り入れ金額や件数が極端に多い
【返済状況】他社での返済が遅れている、不足入金となっている
【多重申込】みずほ銀行の他に何社もカードローンの申し込みをしている
【信用情報】過去に大きな返済の遅れや、借金に関するトラブルを起こしている

 

何れかに該当してしまう方は、みずほ銀行カードローンを利用するための保証会社である株式会社オリエントコーポレーションの審査に通らない可能性が高いです。担保や保証人は不要となる代わりに株式会社オリエントコーポレーションの保証を利用する契約となるみずほ銀行カードローンでは、保証会社の審査にも通らないと契約ができません。

 

安定した継続する収入がある、他社の利用があるとしても多くはない、返済の状況も良好であれば問題なく審査が受けられますが、一日限りの派遣による収入であったり、他社の返済が正常に行えていない、何社も同時に申し込みをするなどでは、消費者金融より低い金利となるみずほ銀行カードローンの利用は難しいと言わざるを得ません。

 

特に注意すべきは多重申し込み

みずほ銀行の他に同時期に立て続けにカードローンの申し込みを行うと、信用情報機関の情報参照履歴が積み重なり、あまり良い情報としては扱われなくなってしまいます。何社も審査を受けるのではなく、慎重に1社のみの申し込みとすると良いでしょう。

 

みずほ銀行カードローンの基本情報

 
みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンの特徴

最短即日の審査回答、口座があれば最短即日での利用開始も可能となり、急な出費でも頼れる金利で借り入れができます。申し込みも契約も来店不要でネットと郵送で進められますので、近くにみずほ銀行の窓口が無い地域の方でも問題ありません。

金利 年4.0%~14.0%
最大極度額 1,000万円
審査時間 最短即日回答
 

 

申し込みから利用開始まで

みずほ銀行カードローンの申し込みや契約、利用開始までの手続きは、全て来店不要で進められるようになっています。みずほ銀行の口座をお持ちでない方でもカードローンの申し込みができますので、近くに店舗窓口がなくてもみずほ銀行カードローンは利用可能です。

 

ただ、口座の有無に関わらず申し込みはネットで行えますが、みずほ銀行の口座があり、お持ちのキャッシュカードでカードローンを利用する場合には、最短で即日の利用開始も可能となります。口座があれば素早くお金が借りられるようになっているのです。

 

みずほ銀行の口座がある方

既にみずほ銀行の口座をお持ちの方は、みずほダイレクトの利用とみずほ銀行の通帳が手元にあれば、200万円以下の限度額のカードローン利用においては本人確認書類も所得証明書類も提出不要で手続きが進められます。

 

みずほ銀行の口座がない方

みずほ銀行の口座をお持ちでない方は、カードローンの審査通過後に口座開設がされます、手続き後、キャッシュカードが郵送されますので、届き次第カードを使って限度額内でお金が借りられるようになります。

 

キャッシュカードで借りるタイプが便利

みずほ銀行カードローンでは借り入れや返済を行う際のカードを、専用のローンカードを発行するかみずほ銀行のキャッシュカードを使うかが選べます。キャッシュカード一体型は口座のお持ちの方であれば素早い利用開始が可能となり、カードの管理もみずほ銀行のキャッシュカード1枚で済むために便利です。

 

みずほ銀行カードローンの金利

カードローンでお金を借りる際に気になるのが、金利です。みずほ銀行カードローンは限度額に応じて金利が決められているため、大きな限度額で契約ができれば、より低い金利で借りられるようになっています。

 

利用限度額ごとの金利

【10万円以上100万円未満】年14.0%
【100万円以上200万円未満】年12.0%
【200万円以上300万円未満】年9.0%
【300万円以上400万円未満】年7.0%
【400万円以上500万円未満】年6.0%
【500万円以上600万円未満】年5.0%
【600万円以上800万円未満】年4.5%
【800万円以上1,000万円以下】年4.0%

 

メガバンクの頼れる借り入れとなるみずほ銀行カードローンは、消費者金融と比べると低い金利となっています。消費者金融大手のプロミスの上限金利である実質年率17.8%と比べてもみずほ銀行カードローンは3.8%も低くなっているので、利息負担を抑えた返済ができるのです。

 

みずほ銀行カードローンの返済金額

毎月の返済は前月10日時点の借り入れ残高によって決まります。限度額が大きくても借り入れ金額を少なくすれば最低返済金額は多くなりませんが、金利の低さから考えるとみずほ銀行カードローンは毎月の返済金額が大きくなっているので、よく確認をしてから借りるようにしてください。

 

また、みずほ銀行カードローンは限度額が200万円未満か以上かによっても返済金額が変わりますので、ご注意ください。

 

限度額が200万円未満の返済金額

【1万円未満】前月10日時点の残高と利息
【1万円以上50万円以下】1万円の返済
【50万円超100万円以下】2万円の返済
【100万円超】利用残高が50万円増すごとに1万円ずつ返済金額が増加

 

限度額が200万円以上の返済金額

【1万円未満】前月10日時点の残高と利息
【1万円以上100万円以下】1万円の返済
【100万円超200万円以下】2万円の返済
【200万円超】利用残高が100万円増すごとに1万円ずつ返済金額が増加

 

上記は毎月の返済期日までに入金をする返済金額であり、お金に余裕があれば任意で追加の返済も可能となっています。お金が余っているなら積極的に返済に回すべきで、多めの返済を進めればその分だけ利用残高が減り、利息負担も減少していきます。

 

毎月の最低返済額だけの入金では完済までに長い期間がかかってしまいますので、なるべくなら余裕のある計画で返済ができるようにみずほ銀行カードローンを利用すると良いでしょう。

 

何度でも繰り返し利用できる

みずほ銀行カードローンの借り入れは限度額内であれば、繰り返し何度でも行えます。100万円の限度額の場合であれば、20万円を既に借りているとしても、再申し込みや手続き不要でインターネットバンキングやカードを使ってATMで、追加で80万円まで借りられます。

 

100万円全額借りてしまっているとしても、返済を進めて利用残高を減らせば、減らした分に関しては再び利用ができます。

 

カードローン契約をしておけば必要な分を借りられるみずほ銀行カードローンは、困ったときに頼りになります。口座の開設はもちろんですが、カードローン契約においても年会費や入会金はかかりませんので、みずほ銀行カードローンで今後の出費に備えておくのも良いです。

 

借り過ぎ使い過ぎには注意する

繰り返し利用ができるみずほ銀行カードローンは、限度額内でも借り過ぎや使い過ぎには注意をしておきましょう。余計な借り入ればかりを重ねると返済時の負担が大きくなり、毎月の生活にも余裕がなくなってしまいます。

 

繰り返し何度でも使えるのはカードローンの良い点ではあるのですが、その分だけ無駄な借り入れをしてしまうリスクも含んでいます。余計な無駄遣いのためにみずほ銀行カードローンを利用するのではなく、必要なときに必要な分だけ借りるようにしなければならないのです。